>

モチベーションを高めるために

好きなものをご褒美にしよう

どうしても子供が小学校へ行きたくないと駄々をこねたら、ご褒美を用意してください。
頑張ればご褒美があると伝えれば、子供はやる気を出します。
かなり効果的な方法ですが、毎回ご褒美を使うのは控えてください。
頻繁にご褒美をあげると、次第に効果がなくなります。
最初はおやつなど安いご褒美で満足していたかもしれませんが、だんだんそれだけではやる気が出なくなってしまいます。

頻繁にご褒美をあげると、経済的な負担になります。
1週間頑張ったら、週末にご褒美をあげるぐらいのペースがちょうど良いでしょう。
何もご褒美がないのに、やる気を出せと言われても難しいです。
ご褒美があれば頑張れるのは、大人も子供も同じなので用意してください。

定期的に褒めてあげよう

褒めることで、子供はやる気を出します。
もっと頑張って、小学校へ通おうという気持ちになるでしょう。
毎日小学校に行っていることを、褒めてあげてください。
親から見れば当たり前に感じているかもしれませんが、子供は大きな勇気を出して通っているのかもしれません。
子供の頑張りを、認めることを意識してください。

褒めることは、親子のコミュニケーションにも繋がります。
頑張っているのに褒められないと、子供は親に対して不信感を抱きます。
すると反抗的な態度を取ったり、言うことを聞かないなどの問題が起こります。
普段から子供を褒めていれば、元気に小学校へ行きますし問題も起こりにくいです。
何でも良いので、口に出して褒めましょう。


この記事をシェアする