>

急に行きたくなくなるかもしれない

楽しい場所だと思わせよう

毎日たくさん勉強しなければいけません。
それが嫌で、子供は小学校に行くことを嫌がる傾向が見られます。
しかし友達がいると伝えると、子供は行ってくれるかもしれません。
小学校でも、楽しいことがあると伝えてください。
友達の名前を知って、具体的に述べてください。
あの子が待っていると伝えると、子供のやる気を引き出せます。

特に子供と仲の良い友達の名前を、知っておきましょう。
それほど仲が良くない友達の名前を出されても、子供のやる気を引き出すことはできません。
常に子供の交友関係に気を配っていれば、急に小学校へ行きたくないと言ってもすぐに対処できると思います。
慌てないで、優しく子供に諭しましょう。
怒鳴るのは逆効果です。

得意な科目や好きな科目

好きな科目が、授業に組み込まれていることを伝えるのも良い方法です。
体育が好きな子供であれば、今日は何時間目に体育があると言いましょう。
すると他の科目は嫌でも、体育のために小学校へ行ってくれる可能性が高いです。
子供の好きな科目や、得意な科目を把握してください。
時間割を親が把握できるように、目立つところに貼っておくのが良いですね。

すると時間割を理由に、子供を小学校へ行かせることができます。
無理に行かせず、自分から行くようにすることがポイントです。
強制的に行かせても、子供はさらに小学校が嫌いになってしまいます。
子供が行きたくないと言っても、正しく対処することで小学校を好きにさせられるので安心してください、


この記事をシェアする